ダイエット料理

4週間で3kg 確実にやせるダイエットブック


商品紹介
料理の苦手な人でも思いたったその日から実行できる食事プログラムを紹介。

料理の苦手な人でも思いたったその日から実行できる食事プログラムを紹介。1週間ごとの買い物リストもついていて、短期集中型でみるみる効果が上がる。巻末に書き込み式のチェック表付き。1992年刊の改訂版。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

森野 真由美
管理栄養士。株式会社バイワネル代表取締役。1972年、女子栄養大学栄養学部栄養学科卒業。同大学栄養クリニックに所属し、20年間、生活習慣病などの食事指導にあたる。1992年に独立し、栄養と健康に関する「株式会社バイワネル」を設立、代表取締役となる。各種企業等で栄養指導コンサルタントにあたるほか、雑誌、テレビなどを通じて食事改善に関する記事、放送経験も多い。女子栄養大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


○スタマーレビュー
4週間で3kg 確実にやせるダイエットブック

5つ星のうち 5.0 おいしく食べて痩せられる本です。
 
一週目は前の晩にシンプルな鍋を作っておいてそれを使って翌日の朝食・お弁当・夕食を食べるのです。味付けを変えて少しずつ食材を加えていくので、これが一つの鍋から作るメニュー?と言う感じで、おいしく・バラエティーに富んでいます。
  調理法も非常に簡単です。栄養満点で、信じられないほど野野菜を毎日食べるので、こんなに野菜って食べれるんだとびっくり。体調もすごく良くなって、ひと月で約束通り3キロ痩せました。
  なかなか痩せないといろいろな偏ったダイエットに走っている方々に、ホントにお勧めです。このシリーズの赤い本と2冊を終わらせたので、もう一度、この本をやってみようと思っています。
投稿日: 2005/8/27 投稿者: 0001430


5つ星のうち 5.0 私のダイエットバイブル, 2008/3/20
By 
夜猫 "夜猫" (愛知県) -
レビュー対象商品: 4週間で3kg 確実にやせるダイエットブック (Diet Recipeシリーズ) (大型本)
「確実に3キロやせる」という言葉に釣られてこの本を購入しましたが、本当に3キロ痩せることができました。本書の基本理念として、ダイエット食は自分で作ります。料理は苦手なので初めは戸惑いましたが、作っていくうちに料理の腕も上がり、一日にどんな食物をどれだけ食べれば良いかが分かるようになりました。さらに、ダイエットをしていくうちに食べることに感謝の気持ちが生まれました。大地の恵み、生命をいただいているということ、そして毎日料理を作ってくれていた母がいかに大変だったかということを知りました。
本書の素晴らしいところは、「リバウンドをしない」つまり、スリムであるための生活習慣を作り上げてくれるところです。ダイエットを始めて3ヶ月経ちますが、今でもダイエット前より-4キロの体重を保ち続けています。特に食事制限しているわけではなく、本書に従って食事をしていくうちに自然と食生活が改善され、安定して今の体重を保っています。
ダイエットに成功したご褒美に欲しかったスカートを購入しましたが、ウエストもダイエット前より8cm細くなったので楽に着れました。
今思うと、ダイエット食品がいかに不健康でリバウンドし易いかが分かります。
何度も挫折を繰り返している人に、成功の喜びをぜひ味わってもらいたいと思います。

5つ星のうち 4.0 健康的に痩せますが・・・, 2008/8/27
By 
碧さん
レビュー対象商品: 4週間で3kg 確実にやせるダイエットブック (Diet Recipeシリーズ) (大型本)
レビューの評価がよかったので、早速買い求めダイエットを始めました。間もなく4週目ですが、2キロ強痩せました。体脂肪も落ち、体調もよくなったように思います。さすが管理栄養士の方の組んだプログラムです。
しかし、以下の点をクリアするのはなかなか大変でした。
1)第1週目、第2週目は1週間分の食材をまとめて買い出し出来るようにまとめてあるのですが、全部揃えると冷蔵庫に入りきらず難儀しました。「いつからでもスタート出来る」とありますが、実際には食材を外に保管出来る涼しい時期に始めるのに向いているかも知れません。私は予め茹でて冷凍出来るものは、そのように処理して保存しました。
2)他の方のレビューにもありましたが、3週目、4週目の買い物リストがないので、自分で全部書き出してまとめるのに時間がかかりました。毎日お買い物に行ける方ならこのような労力は必要ないかも知れませんが・・・
3)私は主婦業を10年近くしており中でも料理は好きで得意ですが、プログラム通りに調理するのに(朝食もお弁当も夕食も)結構時間が必要でした。野菜が多いため、下拵えに手間がかかるからと思われます。特に朝の忙しい時間に朝食とお弁当の準備をするのは大変でした。

各ページにはカラーでメニューの写真が掲載されていますが、実際に作ってみるとそれより量が多く、グラタン皿に入りきらなかったり、食べるのに時間がかかったり、さまざまなハプニング?がありました。それでも、1日に何をどれだけ摂取しなくてはならないか?がだんだん身についてきていますし、食事は「エネルギー(カロリー)」だけを気にするのではなく、各々の食品に含まれる「栄養素」も考えながらバランスよく組み合わせなければならないことを学べました。なお本プログラムを行うにあたり、「目で見る80キロカロリー食品ポケットガイド 主婦の友社」も併せて参考にされるとよいと思います。

 COPYRIGHT RIGHTS RESERVED.